プラスチック素材の分類について

金属系以外で有名な加工材料のひとつにプラスチックがございます。

プラスチックは、軽さ・形成のしやすさ・着色できるといったメリットがございます。

そして、プラスチックには多くの品種がございます。

その品種は、加熱での性質でわけると『熱可逆性プラスチック』と『熱硬化性プラスチック』に分類され、特性によってわけると『汎用プラスチック』と『エンジニアリングプラスチック(エンプラ)』に分類されます。

具体的な種類を挙げますと、汎用プラスチックには、ポリエチレンやアクリル樹脂など、エンジニアリングプラスチックには、ポリカーボネードやポリアミドなどがございます。

プラスチックひとつとっても多くの種類がございますので、どの素材を選べばいいかわからないという方も多いかもしれません。

弊社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで多数の実績がございます。

そのため、お客様に合った最適なご提案をさせていただくことが可能です。

非金属加工や省力機械の制作についてお悩みがございましたら、お気軽に弊社にご相談ください。

アルミニウムの特徴について

アルミニウムの一番の特徴といえば、やはり軽さでしょう。

アルミニウムは、鉄や鋼の材料に比べると3分の1の軽さです。

アルミニウム素材によって機械やロボットの可動部が軽量化されると、可動部を動かすモーターなどの駆動装置の出力を抑えることができます。

駆動装置の出力が小さくなれば、駆動装置や周辺部品のコストを削減できますし、電気代も安く済ませることができるでしょう。

また、アルミニウムは熱伝導率や耐食性にも優れておりますので、幅広い用途でお使いいただけます。

金属素材には、アルミニウムをはじめ、鉄やステンレスなど多くの種類がございます。

そのため、どの素材を使用すれば良いかお悩みの方も多いかと思いますが、軽さを必要とする場合は、アルミ素材を選ぶことをおすすめいたします。

その他、金属加工や機械の制作についてお悩みがございましたら、お気軽に当社にご相談ください。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで多数の実績がございますので、金属の加工をはじめ、機械・工具に関する知識や経験も豊富にございます。

また、部品の加工に必要な納期についても、こだわりを持って取り組んでおります。

省力化機械の製造や設計だけでなく、部品加工をご検討の場合も、ぜひ当社フェックにご相談ください。

金属の組織や性質をかえる熱処理

熱処理とは、簡単にまとめると、金属材料に融点以下の熱を加え、水や空気などで冷やし、組織や性質をかえる操作です。

焼ならし、焼なまし、焼入れ、焼戻しなどの処理方法がございます。

熱処理を加えた材料は、目的に応じた加工が施されて、省力機械をはじめ、自動車や飛行機など、様々なものに使用されています。

当社フェックでは、部品加工を行うための工作機械を備えており、部品の切削加工・研削加工・研磨加工などを自社で行っております。

1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで多数の実績がございますので、金属の加工をはじめ、機械・工具に関する知識や経験も豊富にございます。

また、部品の加工に必要な納期についても、こだわりを持って取り組んでおります。

可能な限り短納期で納品することを心がけておりますので、最短1日で部品加工から表面処理までをこなすことが可能なケースもございます。

省力化機械の製造や設計だけでなく、部品加工をご検討の場合も、ぜひ当社フェックにご相談ください。