最適な部品加工のために大切な材料選定

部品加工を行う際に、大切なのが材料の選定です。

加工方法の知識や技術も大切ですが、材料自体がどんな性質か・加工したらどうなるのかといったといった材料知識も大切です。

材料知識がないと、最適な部品加工はできません。

しかし、石や土といった自然のモノに手が加えられ、鉄やアルミニウムなど、様々な種類が生まれました。

さらには、それらの金属に他の成分を混ぜることで、結晶構造も複雑になります。

結果、材料の種類は膨大に増えてしまいました。

加工方法によっては、金なのか金メッキなのか、目で見ただけでは判別できない材料も数多くあります。

また、省力化機械や自動化システムを導入する際には、どのくらいコストがかかるのかといった点も重要です。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで豊富な実績がございます。

そして、常にコストを踏まえ、使用用途に応じた素材を適切に選び製品を製作しています。

省力化機械の設計から錆び対策を考慮した部品加工をご検討の場合は大阪のフェックにご相談ください。

材料を選定する際に重要なQCD

材料を選定する際、Qualityクオリティ(品質)、Costコスト(コスト)、Deliveryデリバリー(納期)といったQCDの視点が非常に重要となります。

以下に、QCDそれぞれにおいて必要不可欠な要素を挙げてみたいと思います。

■Qualityクオリティ(品質)

品質は、まず強度や導電率などの必要基準を満たしていること。

当然ですよね。

そして、同じくらい大切なのが、基準を満たした材料の品質が安定していることです。

品質が安定していないと、製品も安定したものが製造できません。

仕入れ先や仕入れた時期によって品質がバラバラだという状況がないよう、注意が必要です。

■Costコスト(コスト)

材料費が安くても、加工の工程が複雑であったり、加工に時間がかかってしまっては結果的にコストが高くついてしまいます。

コストを削減するためには、材料費の見直しも大切ですが、材料の加工のしやすさというのも見逃せないポイントです。

その他、市販されている材料に合わせて設計をすれば、余計な加工が不要になり、コスト削減に大きく繋がります。

■Deliveryデリバリー(納期)

材料を納品する場合は、いかに短納期で対応してもらえるか。

そして、入手ルートを2つ以上用意しておくことが大切です。

入手ルートが多数あることで、安定した供給を続けることができますし、価格の見直しも有利にすすめることができるケースがございます。

以上、今回はQCDの観点から材料の選定を考えてみました。

機械の設計や部品加工には、様々な知識や経験が必要となります。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで豊富な実績がございます。

そして、常に使用用途に応じた素材を適切に選び製品を製作しています。

省力化機械の設計から錆び対策を考慮した部品加工をご検討の場合は大阪のフェックにご相談ください。

「鋳造」と「鍛造」による金属加工の違い

金属の加工方法である「鋳造(ちゅうぞう)」と「鍛造(たんぞう)」。

漢字が似ていることもあり、つい言い間違えをしてしまう方も多いかもしれません。

鋳造とは、金属を溶かして砂や金属などの鋳型に流し込む加工法です。

鉄・銅・アルミニウム合金など、溶かすことができる材質は鋳造加工が可能です。

形が複雑でもある程度簡単に加工できるため、大型製品や大量生産にも向いています。

一方、鍛造は金属を金型で圧縮したり叩たたいたりして目的の形にする加工方法です。

こちらも大量生産に向いておりますし、鍛造で加工された素材は強度が増します。

省力化機械の部品にも欠かせないボルトやナットは、鍛造加工の中でも主に冷間鍛造と呼ばれる加工法が用いられています。

省力化機械に使用されている金属部品も、金属素材を目的に応じて様々な加工を施しております。

目的に応じた加工を施すためには、金属の性質や加工の特性などについて知識を深めていなければなりません。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで豊富な実績がございます。

そして、常に使用用途に応じた素材を適切に選び製品を製作しています。

省力化機械の設計から錆び対策を考慮した部品加工をご検討の場合は大阪のフェックにお任せ下さい。